消費者金融など貸金業者とのトラブル

消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業法からの借入が返せなくなり、任意整理を行うことにしました。利用していた8社の内の7社とは金利をカットして5年かけて完済するということで話が付いたのですが、1社とだけはどうしても交渉がまとまりませんでした。そこで、弁護士に依頼しようと思っていたところ、その貸金業者は何と裁判を起こしてきたのです。交渉をスタートしてから、僅か数ヶ月程度が経過した時点でのことです。

 

その貸金業者は、テレビのコマーシャルを流しているほどの大手の消費者金融だったので、このような行動を起こしてくるということは想定外でした。かなりパニックになったのですが弁護士に相談したところ、その業者は将来的に強制執行を行いやすくするために、裁判所を通すというやり方を常に行っていると教えてくれました。そして、任意整理から個人再生に切り替えた方が良いと言われたのです。

 

そこで個人再生に切り替えたのですが、結果的にはこれが大正解でした。何と、返済総額をさらに減らす形でその業者とも話が付いたのです。トラブルがきっかけではありますが、最終的には納得のいく形で済ますことが出来たので結果オーライと感じています。